集客力を高める展示会ブース施工会社ガイド
集客力を高める展示会ブース施工会社ガイド » 東京 » 東京の展示会ブース施工会社 » デザインカフェ

デザインカフェ

デザインカフェの特徴や施工事例、口コミ、対応エリアなどを調査しました。

デザインカフェの特徴

デザインと施工の一貫サポート業務

デザインカフェは、もともと空間領域のコミュニケーションデザインを中心に活動していた企業です。展示会ブースの施工においては、さらに有限責任事業組合エクストラドレイと協働することによって、デザインから設計、運営サポートまでトータルしてサポートしてくれます。

小間サイズや3小間、50小間以上の大型ブースまで対応しているので、依頼しやすいのも魅力のひとつ。一貫してサポートが受けられるので、無事に運営が終わるまで連絡や相談がスムーズに行えるでしょう。

3DCGによるデザインワーク

多くの企業の場合、模型で検証するのが一般的。しかし模型だけであれば、微妙な照明の検証が行えません。また実際設計してからの微妙な変更が難しいと言われています。そのためデザインカフェは3DCGによるデザインワークを実施

デザインする際に特に力を入れているのが、徹底的なプランニングと検証です。完成したブースをよりイメージしやすいように、設計図を作る前に3DCGにプランニング内容を起こします。3DCGで視線と導線の流れを確認しながら、商材の見栄やボリューム感、色、照度など様々な視点での検証が可能です。もちろん模型での検証も行うため、より詳細なプランニングができます。

ショールームやオフィスのインテリアデザインも手がける

デザインに力を入れているデザインカフェ。そのため展示会ブース以外にもオフィスなどのインテリアデザインも行っています。インテリアデザインで培ったノウハウを生かして展示ブースのオリジナリティーを高めてくれるでしょう

企業の目的を明確にしたデザインを心がけており、企業と展示商材のポテンシャルを正確に伝えることをポリシーにしています。つまり印象と体感を意識したようなデザインが可能です。

デザインカフェのサービス内容を紹介

上記のような事業を行っています。

展示会ブースであれば、オプションにて、ムービングライトやバリライト等の特殊演出照明の設置も可能です。これらを用いた演出によって臨場感をアップすることができます。

デザインカフェの 施工事例

東京モーターサイクルショー2019 HYOD

未来へ続く仕事をイメージしたデザイン。HYODのブランドカラーを多彩に取り入れており、エモーショナルな印象を与えてくれる展示会ブースになっています。さらにブースの前にレザー縫製のデモンストレーションを行うことで、集客率アップに繋げています。

デザインカフェの施工事例_pc_1 デザインカフェの施工事例_sp_1

引用元:デザインカフェ公式HP
https://designcafe.jp/archives/16362

IT-WEEK 2018 QUALITIA

社名や品質、独創性に共通する「Q」の文字を2つ重ね合わせたようなデザインのブース。ブースのデザインによって、企業のモットーなども表現してくれます。デザインに力を入れているデザインカフェならではの展示会ブースと言えるでしょう。

デザインカフェの施工事例_pc_2 デザインカフェの施工事例_sp_2

引用元:デザインカフェ公式HP
https://designcafe.jp/archives/15891

東京モーターショー 2017 “YOKOHAMA”横浜ゴム

展示車両を使わない、タイヤのみをメインに展示した空間を作成。100周年の記念ロゴマークをふんだんに使用したブースデザインで、YOKOHAMAの高い技術力や未来力を表しているような印象を与えます。

デザインカフェの施工事例_pc_3 デザインカフェの施工事例_sp_3

引用元:デザインカフェ公式HP
https://designcafe.jp/archives/13726

口コミ

デザインカフェに関する口コミは見つかりませんでした。

基本情報



施工会社は費用で選ぶか
集客率を高めるデザイン性で選ぶか?

展示会のブース装飾は、施工会社によって得意とする分野に違いがあります。
レプラス株式会社のようにレンタル資材を組み合わせてリーズナブルに施工する会社以外にも、デザイン性の高い自由な空間設計を得意とする会社も。費用か来場者の目を引くインパクトのあるブースか。自社のマーケティング戦略に合わせて、施工会社を選択するのが良いでしょう。

関東の展示会に出展するならココ!東京の施工会社3選を見る