集客力を高める展示会ブース施工会社ガイド
集客力を高める展示会ブース施工会社ガイド » 展示会以外での効果的な集客・宣伝・販路拡大の方法とは » 動画マーケティングの効果と活用方法

動画マーケティングの効果と活用方法

集客方法における動画マーケティングのメリット

動画マーケティングは、映像を使って制作したコンテンツを活用し、自社の商品・サービスへの関心を高めることを目的としたマーケティング手法です。効果が出やすく、売り上げ向上につなげやすい広告として注目を集めており、参入企業は今後も増加傾向にあると予測できます。

動画マーケティングの注目度が高まっている理由に、タブレット端末やスマートフォンなどの普及が挙げられます。ネット環境が整備され「5G」も登場した今、動画を見る人が爆発的に増えました。また動画制作を容易にする映像編集ツールやアプリの登場により、低コストで高クオリティの動画を作れるという手軽さもウケているようです。

では、動画マーケティングを集客方法として活用することで、企業側には具体的にどのようなメリットがあるのでしょう。ここでは、動画マーケティングで集客するメリットについて解説します。

多くの人の目を引きやすい

人間には本能的に、動くものを目で追いやすいという性質があります。世の中には、多くのコンテンツや広告が溢れていますが、そのような中で多くの人の注目を集めるには、動画コンテンツを活用した集客は有力と言えるでしょう。

より多くの情報を伝えられる

静止画やテキストと比較すると、動画は圧倒的な情報量を短時間で相手に伝えられるというメリットがあります。1分の動画をテキストに換算すると、180万文字ほどの情報が詰まっているとされています。静止画より動画の方が、およそ5,000倍もの情報量を伝えられるのです。

例えば、文字だけで書かれた料理のレシピを読むだけでは、手順がなかなか理解できないことも少なくありません。一方、料理をしている様子を動画で一通り見ると、料理に不慣れな方でもある程度の手順を把握しやすくなります。

このように、時間をかけて同じだけの情報量が書かれた文章を読むよりも、動画の方が短時間で明確に内容をつかめるのです。

記憶に残りやすい

映画を鑑賞した際に、特に印象に残っている場面は時間が経ってもふと脳裏に浮かぶことがあります。その反面、登場人物のセリフを一字一句違わずに記憶している方は、少ないのではないでしょうか。

それは静的コンテンツより、動的コンテンツの方がより人の脳に記憶されやすいためです。

短い動画で良い例がテレビCMです。30秒から1分ほどのCMの中には、商品名や商品の情報、企業名など、たくさんの情報が詰まっています。それにもかかわらず、何気なく見ているだけで記憶に残り、ふとした時にその商品やサービスを思い出すことがあります。一度インパクトのある動画を見ると、しばらくは忘れることなく記憶に残り続けるのです。

コンバージョン率がアップする

動画に購買意欲を刺激する内容を組み込むことで、見込み客の感情にも訴えられるため、売り上げアップに繋がる可能性がより高くなります。

自社商品やサービスの特徴を、文字だけで伝えにくい場合は、特に宣伝効果を発揮できるでしょう。

またホームページへの動画のアップは、ユーザーにとって良質なコンテンツを提供することに結び付けられるため、SEOとしても有効です。そこからSNSにシェアされる可能性も出てきます。

SNS拡散で宣伝・集客効果アップ

動画をFacebookやTwitter、LINEなどのSNSに投稿することで、多くの人に拡散してもらえる可能性も出てきます。動画コンテンツは再生して見る楽しみがあるため拡散されやすく、想像以上の効果を発揮することもあるのです。

SNSの一般ユーザーが魅力に感じたり、面白いと感じたりした動画は、瞬く間に拡散されます。より多くの人の目に留まり、さらに拡散を爆発的に広げる結果に。

口コミでネット上の話題が拡散される現象を、世間ではバズると呼んでいます。SNSで動画をバズらせ、大きな広告効果につなげるには、魅力的な動画を作ることが重要です。

ユーザーを絞りやすく解析しやすい

動画マーケティングは、ユーザーを絞ってアプローチできます。さらに測定ツールで結果の解析ができるため、改善もしやすく、修正を施すことでより宣伝効果を高めることが可能です。

Web動画はテレビCMとは異なり、年齢や性別、住んでいる地域、趣味など、見せたいターゲットを絞って表示できます。狙ったユーザー層に刺さる動画を、ピンポイントで的確に届けられるのです。

再生された動画から、どの程度の人が商品ページをクリックし、購入に至ったかなどをツールで分析し、改善点があれば修正していきます。また「リマーケティングリスト」を収集することで、コンバージョンに至る可能性の高いユーザーに、再度アプローチすることも可能です。

動画マーケティングを集客に繋げるコツ

自社のホームページ上に掲載する目的で動画を制作する際は、動画時間などを気にせず自由に作る方が多いようです。ただ、動画マーケティングをSNSをはじめ他の宣伝方法と組み合わせて活用する場合は、注意する必要も。主にSNSで動画が拡散されるのはタイムラインの画面です。タイムライン上に表示されている数秒〜数十秒の間に、ユーザーに興味を持ってもらわなければなりません。

また多くのユーザーに最後まで動画を見てもらうには、次の行動に誘導できる動画を制作する必要があります。SNS専用の動画を作ることも検討しましょう。

ここでは、動画マーケティングを行うための動画作りにおいて、大切なポイントを解説します。

わかりやすく魅力的な動画を作るポイント

動画時間の長さに注意

動画を作る際に特に気をつけることの一つとして、動画の長さがあげられます。せっかく動画を作るのだからと、目的以外の商品やいろいろなシーンを盛り込み過ぎてしまうと、訴求ポイントが散漫になり、逆にユーザーが離れてしまう可能性も。SNSで動画マーケティングを活用する場合は、ユーザーの視聴時間を考慮する必要があります。ユーザーを飽きさせないためには、なるべくコンパクトで、興味を沸かせる動画を作らなければなりません。

タイムラインで動画を配信する場合は、再編集して動画時間を短くすることもポイントです。

動画サイズに注意

動画のサイズといえば以前は、テレビやSNSのタイムラインで目にするような、「4:3」や「16:9」といった横長のサイズのイメージが強かったのですが、ここ数年で縦長の動画も浸透しつつあります

一般にスマートフォンで動画を撮影しているユーザーは、縦長サイズで動画を撮影する機会が多いようです。またSNSのタイムラインに投稿される動画も、画面を独占できるという視点から、縦長のものが目立ちます。SNSを頻繁に利用しているユーザーほど、縦長の動画に見慣れているのです。

動画制作を業者に依頼する場合は、効果的な動画サイズについて、相談して決めると良いでしょう。

既存の素材を活用

動画制作はコストがかかるため、なかなか手を出せずにいるという場合もあるでしょう。動画マーケティングでは、そのイメージがボトルネックとなることが多いです。ただ、動画制作に使える素材が既にあるならば、それを取り入れるなり、再編集するなりして動画を作成すれば、コストを抑えられます。

動画マーケティングを行うには、複数の動画で効果を検証することが大切です。そのため、一つの動画のコストを削減しつつ動画制作に取り組むことが重要なポイントになります。

初めからクオリティの高い動画を制作しようと力み過ぎず、まずはSNS向けの短い動画からスタートしてみることをおすすめします。

目的やターゲットを明確にする

動画の目的や動画を見てもらうターゲット像を明確にすることで、狙ったユーザーの目に留まりやすくなります。年齢、性別などのターゲット層を細かく設定することで、より専門性の高い動画に仕上がり、多くの反響が得られやすくなるでしょう。

動画マーケティングの目的は、商品の宣伝のための販促的な動画から、企業のブランディング、価値のある情報を提供する代わりに報酬を得るなど、さまざまなケースが考えられます。それぞれの目的に合わせた効果検証も、動画マーケティングを成功に導くコツです。

広告の掲載場所を決める

動画マーケティングを成功させるために、広告の掲載場所も考慮する必要があります。ターゲットユーザーがよく利用するサイトを選択することがポイントです。

YouTubeやFacebook、バナー広告、企業のホームページなど、動画マーケティングを行える場所にはさまざまな種類があります。どの掲載場所を選択するかは、動画マーケティングの目的によって変わるはずです。

YouTubeのような動画配信サイトでは、動画を再生する前に広告オプションが掲載されます。“広告をスキップ”というボタンが表示されるまでの5秒間で、いかにユーザーの興味を引きつけられるかが鍵となります。

SNSの場合は、商品・サービスや自社のブランディング効果が期待できます。

自社のホームページに動画を掲載する場合は、SEOによってアクセス数をアップさせることが可能です。

バナー広告として掲載する場合は、コストを抑えつつ、さまざまなサイトに広告を掲載できます。

分析と継続的な改善が大切

テレビCM業界では、担当者や製作者の思いが強く出すぎる場合もあります。なぜなら、CMが放送された後に調査し、視聴者にどんな反応があったのかを検証しても、視聴者の発言や行動などの、具体的な内容までを収集するのは難しいからです。

インターネット上で行われる動画マーケティングは、テレビCMとは異なり、アクセス解析などを指標とした分析が可能なため、より多角的な分析結果が得られます。

ただ、企業で動画マーケティングを行うほとんどの場合、分析が目的ではないはずです。他の集客・宣伝方法と同様に、動画マーケティングにおいても、分析から判明した結果をもとに、継続的に改善していくことが重要になります。

展示会で動画を使うメリット

制作した動画を展示会会場で流すことで、インパクトが高まり、集客効果もアップするほか、自社商材を短時間で理解してもらいやすいなどのメリットがあります。ここでは、展示会で動画を活用するそれらのメリットについて、詳しく解説していきます。

集客力がアップする

展示会ブースでよく利用される設備にモニターがあります。モニターでは静止画を流すより動画を使った方が、来場者へのインパクトが強まり、自社ブースで立ち止まってくれる人も増えるでしょう。

展示会は規模によって来場者数も異なりますが、大規模なイベントでは何万人もの人が訪れます。規模の大きな展示会であればあるほど、出展する企業のブース数も増えます。来場者と企業ブースがひしめく中、注目ポイントのないブースでは、周りの賑やかさに埋もれてしまいます。看板やポップなどで目立たせているケースもありますが、やはり動画のアイキャッチ効果は大きいため、動きのある映像を流すのがおすすめです。

来場者の興味を引きやすい

展示会会場で自社ブースに足を止めてもらうには、ポイントを簡潔にまとめた動画を流して、来場者の興味を誘うことです。大規模な展示会では、たくさんのブースを時間内に全て見て回ろうと考える来場者が多いもの。1つのブースに止まる時間はせいぜい2〜3分です。そんな短い時間で長々とした動画を流しても、なかなか内容を理解してもらえないどころか、途中で立ち去ってしまう可能性も高くなります。短い滞在時間で、いかに来場者の興味を引くかが重要になります。

2〜3分で終わるような簡潔にまとめられた動画を流せば、たとえ会場が混雑していてスタッフからの説明がなかったとしても、内容がある程度理解できてしまいます。

会期中に具体的な話に及ばなかった場合でも、後日商談につながる可能性も大いに考えられます。動画はそれほどプレゼン効果の高いツールなのです。

短時間で十分な魅力を伝えられる

動画は看板やその他のツールと比べると、短時間でもより多くの情報を伝えやすく、見ている側へ効率的に自社商材をアピールできる宣伝方法です。

また気軽に見られると言う点でも、動画を活用するメリットは高いでしょう。例えば、「スタッフに説明をしてもらうほど興味は高くないが、多少気になる程度の来場者」にも見てもらう機会が自動的に作れるのです。つまり、潜在的な見込み客をも獲得するチャンスにもなり得ます。

このように動画を活用することで、幅広い来場者に自社商材や企業の存在価値を手軽にアピールできるのです。

ブース内に展示できない商品でも訴求できる

大きすぎてブース内に持ち込めない商品やサービスなどの形のない商材は、会場内で実物を見せたり実演したりすることが難しく、アピール方法に悩む企業も少なくありません。このような展示に向かない商材であっても、動画を活用することで十分にPRが可能になります。

展示会用に作成した動画は、展示会終了後にも活用できます。ホームページやSNSで公開したり、次回の出展の際に動画制作で再利用したりと、活用できる幅が広いのもメリットの一つといえるでしょう。