集客力を高める展示会ブース施工会社ガイド
集客力を高める展示会ブース施工会社ガイド » 展示会ブースの施工を依頼する前に!知っておきたいノウハウ集 » 展示会ブースの施工に必要な予算の考え方

展示会ブースの施工に必要な予算の考え方

展示会の準備において一番費用がかかるのは、ブースのデザイン・施工です。全て予算内に収めたいと思うことは当然ですが、初めて出展する企業はどの程度の予算が必要になるのか判断が難しいもの。ここでは小間数別の相場をまとめました。業者へ依頼する前に、装飾・施工にかかる費用を把握し、ある程度の予算イメージを固めておきましょう。

展示会ブースの予算の決め方

出展料を削ることはできませんが、施工費についてはブースのスペースを小さくしたり、コスパの良い施工業者に依頼したりすることで、予算を抑えられます。

展示会会場のスペース費用

展示会関係者の間では、ブースの広さを1小間、2小間という数え方で表します。1小間は3×3=9m2です。

展示会ブースのスペースの費用は、当然ながら、広さを増やせば増やすほど上がります。

スペースのサイズが同じ場合でも、通路に面する数が多いほど費用は高くなるので、注意しましょう。

また、展示会の会場によって1小間のサイズは異なるため、確認が必要です。

出展料は1小間30万円前後。会場が地方の場合、数万円の場合もあります。早期申し込みで割引できる展示会もあるので、早い内にチェックしましょう。

一般的なブース施工に必要な予算

展示会ブースの費用は、小規模・中規模・大規模とサイズが大きくなるごとに高くなります。一般的な施工例で、1m2あたり、3〜5万円程度。この値段は、使われる部材や装飾デザインによって変わります。

1小間(9m2)で25〜40万円

地方で開催される展示会や学会などで使われることが多いサイズです。小さなブースのため、壁面を有効に使ったデザインが多くなります。スペースが狭いため受付がなく、来場者をブース内に入れない企業や団体がほとんど。予算をあまりかけられない場合に選ばれています。

2小間(18m2)で40〜80万円

本格的なブランドアピールを行いたい場合は、2小間程度のスペースが必要です。商談に必要なスペースと十分な展示スペースが得られます。明確なコンセプトがあり、オリジナリティーで差をつけたい企業に最適です。

3小間(27m2)で50〜120万円

解放面を大きくとれるため、インパクトのあるディスプレイを考えている場合にピッタリです。ブース全体を大きなロゴとブランドカラーでまとめると、会場内でも一段と目立ちます。

4小間(36m2)で80〜150万円

大規模な展示を行いたい場合に使われています。巨大な看板やシンボルを配置したり、柱やパネルで洗練された装飾デザインを施したりと、様々なニーズを実現できるサイズです。

ブース施工・設営にかかる項目

ブース装飾に必要な項目は、一般的に以下のようになっています。

これらの項目をひとまとめにするパッケージ化を行なうことで、コストを抑えている業者もあります。展示会への出展に慣れていない場合は、全ての項目をワンストップで請け負ってくれる業者を選ぶと必要な作業が減るため、その他の重要な工程に専念できます。

展示会ブースの材質

ブースを設営するには、大きく分けて「木工ブース」と「システムブース」の2つの方法があります。

木工ブース

中規模・大規模ブースなど、展示会に力を入れている企業で多く採用されているのが、木工ブースです。木工ブースは、言うまでもなく「木」でできた部材を使用し施工を行います。随所に曲線をあしらったデザインなど自由な造作が可能なため、オリジナリティーを持たせたブースの施工が可能です。レーザーを使用したカット加工で、複雑な形状の表現も自由自在。木工の造作物との相性も良く、ビスや釘で簡単に連結できるのも魅力です。柔軟性に優れているため、費用も高くなりがちですが、部分的にシステム部材を組み合わせることで、デザイン性を損なうことなく、コストを下げられます

システムブース

リーズナブルな価格で施工できるシステムブース。システムユニットと呼ばれるステンレスでできた部材を使って、施工します。デザインの自由度では木工ブースに及びませんが、部材を他のブースにも再利用しやすいのが特徴。費用を抑えられるので、コスト重視の企業に向いています。

予算内で最適なブース運営をするには

展示会ブースを予算内で設営するには、良い施工業者を選ぶことが何より重要です。

単に、木工かシステムユニットかで業者を決めるのではなく、自社商品を効果的に売り出すには、どのようなアプローチが必要なのかを考えましょう。その上で、コストを抑えられるかどうかを検討します。

来場者への効果的なデザインとコストとのバランスを計り、最大のパフォーマンスができるようなプランを提案してくれる業者がおすすめです。デザインの考案から施工・撤去までワンストップで行ってくれる業者なら、あちこちの業者をまたいで依頼する分のコストダウンが期待できます。

また初めから1社に決めるのではなく、複数社に連絡しコンペを開催することで、新たなアプローチ方法を発見できる可能性も。施工業者のホームページでは、施工事例もたくさん紹介されているので、ぜひ参考にしてください。